So-net無料ブログ作成

プリウスαのスマートキーの電池交換をしました。 [車]

車のドアノブも触ってをドアを開けようとするとき、ちょっと反応が悪くなってきたらスマートキーの電池交換時期です。
1回目で開かなくて何度かやって開くなんていうのはかなり限界が近い状況です。
使い方で大きく変わるようですが、大体2年くらい目安のようです。

電池交換はディーラー行けばやってもらえます。
といってもやってもらうほどの事じゃないですし、電池もそれほど特殊ではないので苦労すこともないと思います。

key0001.JPG
こうしてみるとかなりくたびれてますね。

key0003.JPG
サイドのプッシュボタンを押しながらキーを抜きます。

key0004.JPG
真ん中付近の溝にコインとかでグルっとまわしてぱかっと開けます。

key0005.JPG
ボタンのついた基板を取り出します。

key0006.JPG
ひっくり返すと電池が出てくるので、爪を外して電池を取り出します。

key0007.JPG
電池はCR1632 280円くらいでした。
それほど特殊ではないので、ホームセンターやスーパーでも売っていると思います。

電池の型番等が書いてある面を見えるようにして装着。
後は、逆順で元に戻せば終わりです。

ちなみに、電池残量が少なくなってドアが開かなくなったらどうするのか?
物理キーでドアを開錠して、エンジンスタートボタンにスマートキーをくっつけてエンジンをかけるそうです。
その場合セキュリティが鳴る場合もあるようですが、慌てずにエンジンをかけましょう。
こんなことしなくちゃいけなくなる前に電池は交換しておきましょう。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 1

ほっしー

めっちゃわかりやすく、助かりました!
ありがとうございます!
by ほっしー (2017-10-27 12:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る